建築物を立てるには、地盤の状態について知っておくことが大切


地震に強い住宅

リフォーム

地盤改良を行うことによって、地震から住宅を守ることが出来ます。専門業者に依頼する必要があるので、それぞれの情報を集めておきながら、安心して頼める業者に絞り込んでいきましょう。

Read more »

空調に注目

新築工事

地球温暖化などを防ぐためには、省エネ対策などが必要なことになります。工場で省エネを行なう際は、空調機器などに注目するということなどが大切です。もっとも最適な方法を見つけましょう。

Read more »

素材を強化させる

大工道具

FRPライニングをコンクリートやプラスチックに混ぜておくことによって、耐久性を高めていくことが出来ます。多くの設備にも導入されているものとなっているので、欠かせないものであると言えます。

Read more »


施工方法の確認

足場

解体工事を行う場合は、騒音や素材の飛散によって、周辺の住宅に迷惑を掛けてしまう事があります。しかし、施工方法によってこれらの影響を最小限に抑えられます。そのため、依頼前に施工方法について説明してもらうようにしましょう。

Read more »

慎重に検討を進めて行く

工事中

太陽光発電を導入して、集めた電力を売却し収益を獲得することが出来ます。なお、設置場所によって採光量は変わるので、導入前に入念なシミュレーションを行うことが重要であると言えます。

Read more »


地盤改良で土地を強化

業者

高い技術力と長期保証付きのFRPをライニングしませんか?その他お客様のご要望を叶えますので当社にお任せ下さい!

従来の、セメントと土を混ぜる地盤改良法や杭を埋め込む方法とは異なり、土地に穴を開け小さな天然の砕石を柱状に締め固める砕石パイル工法が注目されてきています。費用は従来の地盤改良法より1割程度高くなるようですが、土壌汚染の心配もなく、将来撤去の必要もない、環境に優しく土地の資産価値を守る地盤改良方法だと言われており、採用する工務店も近年増えてきているようですディズニーリゾートや関西空港などの湾岸地域でも採用されているとおり、液状化対策にも優れた地盤改良法だと言われています。「砕石パイル工法・施工業者」等のワードで検索されると、認定業者も全国各地に見られますので、建築予定のメーカーに相談されてみてはいかがでしょうか。

2003年の不動産評価基準の改正により、土地の埋蔵物は売却時に撤去する必要があることになりました。また従来のセメントを使った地盤改良法は六価クロムなどの有害物質の発生のリスクがあると言われており、不動産価値を下げるだけでなく健康にも被害を及ぼす危険があるのです。その点、砕石パイル工法では天然の砕石を柱状に締め固めるだけの方法なので、環境汚染の心配もなく、将来撤去する必要もありませんから、万が一売却することになっても資産価値は守られます。砕石の柱なので、地震などの衝撃で折れたり破損する心配もなく、液状化対策にも優れているので、地震の多い地域や、海や川などに近い地域の方にとっても最良の地盤改良方法なのではないかと言われています。